前期優勝チームの、ひーろーず蹴球倶楽部との試合。結果は0-5の大負けでした。

中盤が相手に支配され、左右に自由にボールが出されたことによって味方DFラインが下がってしまい、相手ゴールのチャンスを与えてしましました。MFがしっかり前でプレス掛け、DFと挟むように相手のトップ下を押さえるべきでした。トルシエ監督は正しい。DFラインを上げることによって攻撃の芽をつぶす。もしサイドに振られてもMFがつぶしに行く。次はそれで行きます。私はへデイングシュート一本ゴール右上に惜しくも外し、阿部さんもゴールキーパー正面にシュートがいってしまい、運もなかった。DFは点差以上によく頑張りました。まあこういうときもあります。しっかり反省して次頑張ります。

201005231107000

Share on Facebook