まだ一度も勝ったことがない鶴蹴会との対戦で、左MFとして先発。

前半開始早々に相手FWがセンタを抜け出しペナルティーエリア付近からシュート、しかしこれがわずかに右上に外れ、助かりました。これをきっかけにDFはこの試合の終わりまで引き締まった感じがします。今回は、ちょっとした事が試合の流れを大きく変えたような印象のゲームでした。

その失点危機の直後にキープ力のあるMF中村さんがボールを運びややカウンター気味に攻め上がり、左FW吉岡さんからのボールをMF田辺さんがきれいに左ボレーシュート。

そして数分後に同じ様なパターンから今度は私大川が足元に来たボールをさばいて、DFの間を縫って右隅にゴール。

2-0で前半折り返し、後半はDFとゴールキーパーの隙を盗られてミドルシュート一点返されましたが、またもその直後にFW阿部さんが相手ゴールキックのミスを拾って直接ゴール。

その結果3-1で見事勝利。

今回は運に恵まれていたことと、得点出来た事によって味方の意識が高まりどんどんチームワークが良くなっていった事が勝因かもしれません。

たとえ危機であっても、何事もまずチャレンジすることによって、その先の展望は開けてくる可能性があることを学んだ気がします。

サッカーは奥が深い。

Share on Facebook