昨日はGリーグの3戦目で、強豪石神井FCとの対戦がありました。

前半から大きいパスでシンプルに行こうという作戦で、なんとなく相手を押し込んでいる中で得たコーナーキック。佐々木さんのキックに私大川がファ―側からゴール正面に走り込んで右足で合わせてシュート。これが決まって先制。

後半は少し受け身になってしまい、開始早々に中央を破られ失点。しかしここから再び積極性が出て、少しづつ押上げ、阿津地さんが右側突破から目の覚めるようなシュートを決めて2-1。さらに元清水東高校全国正覇選手の原田さんが右サイドからドリブルで3人のディフェンダーを翻弄しながらシュート。これも決まり3-1。そして最後は相手の猛攻をしのぎ切り。今季初勝利となりました。

今回の失点原因は、形にとらわれ、その状況の中の最大のリスクに対応しなかったことでしょうか。

勝った原因は、常に前を向いてゴールに向かって大きくプレイした結果、積極性が生まれた事だと思います。
気持ちが前向きになれば、結果は付いてくるということをサッカーの試合を通じで教わった気がしました。

Soccerball

Share on Facebook