昭和40年頃建てられた木造の住宅を改修した例です。耐震性と断熱性を上げて快適な室内空間へと、そして、狭くて薄暗い家を広く明るくするというコンセプトで取り組みました。低価格で実現させるということにもチャレンジしています。BSジャパン「バリューハウス」で放送されます。放送は、8/22(土)の18:00から。杉浦太陽さんがレポートしてくださいます。https://youtu.be/ePvB8DVEvyw

BEFORE
1LビフォーDSCF1135 2Lビフォー 3ダイニングビフォーDSCF1129 1ダイニングビフォーDSCF1128
居間 約8帖の洋間。断熱材が入っていないため、寒くて内法が低いためやや薄暗いイメージ。

AFTER
デッキLアフターDSCF1602
7LアフターDSCF1528 2LアフターDSCF1622 1Lアフター6DSCF1522
居間 キッチンと和室をつなげて天井を高く。木製窓は生かして、断熱材とインナーサッシで快適に。デッキと床を同じ材料にすることによって、部屋が広く見えるように工夫しています。すべての部屋の天井は調湿度性能を持つ材料を使いました。

BEFORE                                                            AFTER
2キッチンビフォーDSCF1130
2Kビフォー DSCF7904 → 1DSCF1600 2DSCF1598
キッチン  閉鎖的なキッチン                       キッチン オープンで明るい  キッチン

BEFORE                                                          AFTER
DSCF7896
 寝室ビフォーDSCF1496  →   玄関アフターDSCF1583 寝室アフターDSCF1571
 玄関              寝室                                玄関                  寝室

BEFORE                            AFTER
門ビフォーDSCF7923
  →   門アフターDSCF1510 門アフターDSCF2285  デッキLアフターDSCF1606
 門扉                               門扉 減築して車庫スペースを作りました。        デッキテラス

Share on Facebook