一戸建て住宅の地下部分を改修して、音楽スタジオ並みの防音機能を持たせる改修工事です。

一番のポイントは、近隣に対しての騒音を減らすこと。環境省の騒音規準では、夜間で45db以下。

これを満たすために、ドラム演奏を想定した場合には75db程度の防音性能が求められます。

現在は、窓から一番多く音が逃げているので、ここの防音をしっかり行う必要があります。

Exif_JPEG_PICTURE

Share on Facebook